PRODUCT製品情報

M30D【生産終了】 2チャンネル可搬設備両用パワーアンプ

概要・仕様

M30Dは他のMシリーズと同様に4Ω駆動をサポートし、中小規模のサウンドシステムに最適にマッチする2チャンネル可搬設備両用パワーアンプです。

M30DはHi-Zライン伝送も対応しており、複数台のハイインピーダンススピーカーも駆動できます。HDSP+ETHバージョンでは高品位なDSP信号処理機能とEthernetインターフェイスが搭載され、Armonía Pro Audio Suite™ソフトウェアが利用可能となり先進的な信号処理、上位モデルとの同時リモートコントロールも可能となります。また設備用途も考慮されMediaMatrix、CrestronやAMXを通して監視システムを構築することも可能です。

モデル名 M30D , M30D HDSP+ETH
チャンネル数 2
出力 チャンネル毎 Bridgeモード
70V* 100V*
1,500W 900W 1,200W 1,500W 3,000W
電源 レギュレテッドスイッチモードパワーサプライ
消費電流 7A(1/8 rated power 4Ω, 115V)
動作電圧 115V / 230VAC 工場出荷時 ±10% 50/60Hz
動作温度 0° – 45° C
ノイズフロア -70dBV(20Hz – 20kHz, Aウェイト)
THD+N <0.05%(typically < 0.05%)
入力 アナログ
2(2 × XLR)
入力インピーダンス 10kΩ balanced
許容入力 +17.7dBu
スローレイト >40V/μs
ダンピングファクター >5000 @ 100Hz
AD/DAコンバーター CS5381 24bit/48kHz
制御 Armonía Pro Audio Suiteソフトウェア*
寸法 483(W)×358(D)×44.45(H)mm
重量 7.3kg
  • HDSP+ETHバージョンのみ対応

【パワーサプライ】

  • コンパクトでハイパフォーマンスの先進的なスイッチモードパワーサプライ搭載
  • スイッチモード出力段
  • 特許取得済のリップルキャンセレーション搭載出力回路

【保護機能】

ACプロテクション 許容範囲外のメイン電圧を感知した際、ACプロテクションが起動
クリップリミッター 大出力を保持したままスピーカーへクリップした波動が流れることを保護
DCプロテクション 出力段への超低域信号の保護
VHFプロテクション 可聴音域以上の音楽的でない信号が高レベルでスピーカーへフィードされるのを保護
ショートサーキットプロテクション 出力段でショートのような異常な状態を感知した際に作動、通常復帰したら自動で復帰
ロングタームリミッター 長時間音楽的でないRMS信号を感知した際、出力の最大値を減少
サーマルプロテクション 出力段への熱保護機能(75℃以上で作動)
温度追従ファンスピード制御、前面吸気背面吐出

【ジェネラル】

  • 70V/100V Hi-Z ライン伝送*
  • 1Uサイズで省スペース、7.4kg軽量設計
  • XLRアナログ入力、XLRスルー出力、スピコン出力コネクター搭載
  • 各チャンネルアッテネーターをフロントパネルに装備
  • モジュラー構成

【DSP*】

  • ADAU1701DSPアーキテクチャー
  • 24bit @ 48kHz, 120dB S/N AD/DAコンバーター
  • 入力/出力で独立したEQフィルターや最大48dB/octスロープフィルター
  • Peak / RMSリミッター
  • ディレイ機能

【リモート制御*】

  • Armonía Pro Audio Suite™による制御監視*
  • MediaMatrix、Crestron、AMXやQ-SYSとの組合せで監視システムを構築可能
  • HDSP+ETHバージョンのみ対応

関連リンク

資料のダウンロードはこちら