PRODUCT製品情報

Composerソフトウェア

ComposerソフトウェアはSymetrixのEdge, Radius, Radius NX, Prism, Solus NXをコントロールする、Windowsベースのオープンアーキテクチャーソフトウェアです。SymetrixのDNAであるDanteの設定もこのソフトウェア上で行います。

豊富なDSPモジュール

Composerでは600種類以上のDSPモジュールから、必要な機能をドラッグ&ドロップでシンプルに使用することができます。

豊富なDSPモジュール

【主なDSPモジュール】

  • ミキシング、ゲインコントロール(マトリクスは最大80×80まで可能)
  • イコライザー(グラフィック、パラメトリック)
  • フィードバックサプレッサー(フィードバックサプレッサー、ノッチフィルター)、トランジエントサプレッサー
  • オートマチックミキシング(ゲート方式/ゲインシェアリング方式)
  • ディレイ
  • エコーキャンセラー(対応機種のみ)
  • ダイナミクス(コンプレッサー/リミッター、AGC、エキスパンダー、ダッカー、ディエッサー、SPL Computerなど)
  • 会議マネージメント(テレホンダイアラー、エコーリデューサーなど)
  • フィルター(クロスオーバー、FIRフィルター、ハイ/ロー/オールパス/バンドパスフィルターなど)
  • ラウドスピーカーマネージメント
  • プリセット登録(最大1,000まで登録可能)
  • シグナルジェネレーター
  • 外部制御設定、ウォールパネル機能設定
  • サードパーティー機器のコントロール

柔軟なシステム制御

様々なユーザーコントロールにより柔軟なシステム制御を可能にします。

柔軟なシステム制御

ARCウォールパネル

Cat5ケーブルを使用し専用ウォールパネルを接続可能。日本語フォントに対応する機種もご用意。

ARC-Web

Webブラウザー経由で制御できるソフトウェア。システムの状態監視以外に任意のコマンドを設定し、モバイル端末、タブレットなどからDSPをコントロール。

SymVue

WindowsベースのPCやタブレットで使用でき、ユーザーカスタマイズ可能なコントロールソフトウェア。Composerソフトウェアのほぼ全てのモジュール機能を反映することができ、画像を取り込み、ユーザーに合わせたカスタムコントロールパネルを作成可能。DSPの制御のみならず、外部機器のコントロールにも対応。

GPIO

GPIOはスイッチを接続し任意の制御を行う他、2ポートを使用しアナログボリュームを接続することが可能。これにより安価なユーザーコントロールを提供可能。

サードパーティー機器のコントロール

SymetrixがセレクトしたサードパーティーのDanteデバイスをコントロールすることができます。ユーザーは入力から出力までDanteコントローラー無しで、全システムをComposerからコントロールすることができます。

サードパーティー機器のコントロール

【対応メーカー例】

Ashly パワーアンプ
Attero Tech アナログ-Dante変換I/Oなど
Audio-Technica Danteマイクロホン
CLOCKAUDIO アナログ-Dante変換I/Oなど
Powersoft パワーアンプ
Shure Microflexワイヤレスマイクロホン
Stewart Audio パワーアンプ

DSPにロジック回路を搭載

特徴的なロジック回路を搭載しSymetrixにしかできないコントロールが可能です。またGates(AND, OR, XOR), Flip-Flop, Binary Encoder, Decoder, Multiplexer, Delayといったロジック回路により、どんなユーザーの要望にも対応します。GPO, RS-232, イーサネットを使用し制御を受けるだけでなく、DSP側から外部機器の制御も可能です。これによりプロジェクターのOn/Offやロールスクリーンの昇降、ビデオスイッチャーの切り替えなどのコントロールがSymetrixのDSPより制御することができ、制御システム導入コストを削減することができます。

優れたエコーキャンセラー機能

Symetrixのエコーキャンセラー対応DSPには最高峰のエコーキャンセラーを搭載。難しい音響環境の会議室でのビデオ会議で、最大の課題となるエコーを効率的に消去することができます。

優れたエコーキャンセラー機能
  • エコーキャンセルテールタイム最大400msによる完璧なエコー除去
  • コンバージェンスレート100dB/sというスペックにより、1秒間に最大100dBのエコー成分を抑制
  • Danteにて取り込んだ音声に関しても、AEC Auxを使用しエコーキャンセラー回路を通すことが可能
  • ノイズキャンセリング回路搭載(バックグラウンドノイズを20dBまでカット)

関連リンク

資料のダウンロードはこちら