導入事例 │ オペラハウス

2019.07.01

オペラハウスにbeyerdynamic Uniteシステムが導入されました

オペラハウス

事業内容:歌劇場・コンサートホール・劇場

導入製品:beyerdynamic社 Uniteシステム

beyerdynamic Uniteシステムが、オーストラリアのオペラハウスにツアーガイドシステムとして導入されました。


beyerdynamic Uniteがツアーガイドシステムとして導入

オーストラリアの都市シドニーに位置し、20世紀を代表する近代建築物であり世界的に有名な歌劇場・コンサートホール・劇場でもあるオペラハウスにこの度、beyerdynamicのUniteがツアーガイドシステムとして採用されました。一日9,000人の観光客が来場するオペラハウスにとって、ガイドシステムは非常に重要なデバイスです。

ツアーガイドシステムとして

今回機器リニューアルにあたり下記のような仕様の要求があり、決して簡単な案件ではありませんでした。

  • 高音質であること
  • 13グループ以上の同時運用、1グループ最大46名
  • ガイド~参加者が双方向通信できること
  • ホール内、屋外、またクルーズシップ内どこでもデッドポイント無しで使用できること
  • ホール内で使用する場合、スクリーン上映中の音声を送信機のライン入力に入力し送信できること
  • シドニー湾からの様々な無線から影響が出ないこと
  • 毎日のハードな運用に耐えうる耐久性
  • 限られた機器収納スペースに最大700台のポケットデバイスが収納できること
Uniteシステム

そこで複数社の比較デモを行い、最も評価の高かったUniteが見事採用され、2019年3月から新たなツアーガイドシステムとしてオペラハウスで活躍しています。

関連リンク

beyerdynamic製品ページはこちら

一覧に戻る