M30D生産終了

2チャンネル可搬設備両用パワーアンプ

M30D M30D M30D M30D
モデル名M30D , M30D HDSP+ETH
チャンネル数2
出力チャンネル毎Bridgeモード
70V※100V※
1,500W900W1,200W1,500W3,000W
電源レギュレテッドスイッチモードパワーサプライ
消費電流7A(1/8 rated power 4Ω, 115V)
動作電圧115V / 230VAC 工場出荷時 ±10% 50/60Hz
動作温度0° - 45° C
ノイズフロア-70dBV(20Hz - 20kHz, Aウェイト)
THD+N<0.05%(typically < 0.05%)
入力アナログ
2(2 × XLR)
入力インピーダンス10kΩ balanced
許容入力+17.7dBu
スローレイト>40V/μs
ダンピングファクター>5000 @ 100Hz
AD/DAコンバーターCS5381 24bit/48kHz
制御Armonía Pro Audio Suiteソフトウェア※
寸法483(W)×358(D)×44.45(H)mm
重量7.3kg

※HDSP+ETHバージョンのみ対応

概要・仕様

M30D

M30Dは他のMシリーズと同様に4Ω駆動をサポートし、中小規模のサウンドシステムに最適にマッチする2チャンネル可搬設備両用パワーアンプです。

M30DはHi-Zライン伝送も対応しており、複数台のハイインピーダンススピーカーも駆動できます。HDSP+ETHバージョンでは高品位なDSP信号処理機能とEthernetインターフェイスが搭載され、Armonía Pro Audio Suite™ソフトウェアが利用可能となり先進的な信号処理、上位モデルとの同時リモートコントロールも可能となります。また設備用途も考慮されMediaMatrix、CrestronやAMXを通して監視システムを構築することも可能です。

パワーサプライ

  • コンパクトでハイパフォーマンスの先進的なスイッチモードパワーサプライ搭載
  • スイッチモード出力段
  • 特許取得済のリップルキャンセレーション搭載出力回路

保護機能

ACプロテクション許容範囲外のメイン電圧を感知した際、ACプロテクションが起動
クリップリミッター大出力を保持したままスピーカーへクリップした波動が流れることを保護
DCプロテクション出力段への超低域信号の保護
VHFプロテクション可聴音域以上の音楽的でない信号が高レベルでスピーカーへフィードされるのを保護
ショートサーキットプロテクション出力段でショートのような異常な状態を感知した際に作動、通常復帰したら自動で復帰
ロングタームリミッター長時間音楽的でないRMS信号を感知した際、出力の最大値を減少
サーマルプロテクション出力段への熱保護機能(75℃以上で作動)
温度追従ファンスピード制御、前面吸気背面吐出

ジェネラル

  • 70V/100V Hi-Z ライン伝送※
  • 1Uサイズで省スペース、7.4kg軽量設計
  • XLRアナログ入力、XLRスルー出力、スピコン出力コネクター搭載
  • 各チャンネルアッテネーターをフロントパネルに装備
  • モジュラー構成

DSP※

  • ADAU1701DSPアーキテクチャー
  • 24bit @ 48kHz, 120dB S/N AD/DAコンバーター
  • 入力/出力で独立したEQフィルターや最大48dB/octスロープフィルター
  • Peak / RMSリミッター
  • ディレイ機能

リモート制御※

  • Armonía Pro Audio Suite™による制御監視※
  • MediaMatrix、Crestron、AMXやQ-SYSとの組合せで監視システムを構築可能

※HDSP+ETHバージョンのみ対応

関連リンク

価格表・カタログ・ソフトウェア・仕様書・外観図・マニュアル等のダウンロードはこちら