Powersoftの歴史

1995年にLuca Lastrucci 、Claudio Lastrucci(兄弟)とAntonio Peruch は音楽への愛情、技術への情熱、実実験への好奇心を持ち寄って日々集まっていました。3人はアンプの様々な実験を自宅ガレージで行い、モディファイテストを数年かけて様々なフィールドで繰り返しました。このテスト作業の中でそれまでその中で誰も成し遂げることができなかったハイパワー状態でも安定した駆動を実現するClassD回路を完成させることに成功しました。 この時に社員は一人いませんでしたが、後に核となる革新的で高効率・高出力な製品を創り出す様々なアイディアが生まれ形作られました。ハードウェアのみならず、精通したソフトウェア開発も自社で行い、両輪となった一体感のある精錬された製品開発を実現し会社名の由来になりました。多くの著名なスピーカー製造メーカーとタッグを組み、初期からアンプモジュールのOEM供給にも精力的な活動を行い信頼性を高めていきました。

今ではイタリア、フィレンツェへオフィスと2つの工場を構え、世界50か国以上へ製品を提供する代表的な企業になりました。POWERSOFT社からは以下の点を企業指針として特筆させていただきます。

バリュー

POWERSOFT社ではスタッフ一人一人が自身の仕事を通してポテンシャルを最大限に発揮し、常にお互いを尊重し新しい可能性に野心的にチャレンジできる企業体を目指しています。

ビジョン

POWERSOFT社はお客様が日々活躍する科学技術文化の業界で自社の製品を通して、更なる最高品位の技術体験を提供することを目指しています。これまでもこれからも更なる技術革新を追い求め、業界を次なる次元へ推し進めていくことをお約束します。

ミッション

POWERSOFT社は環境保護、効率性、技術革新に向けて常に焦点を置いたパイオニアであり、見識豊かで魅力的な創造性を持った企業であり続けます。お客様へ期待以上のモノを常に提供するための研究開発と情熱がPOWERSOFT社の使命です。

プロミス

日々の日常を特別なものに