シネマシリーズ

マーチンオーディオがシネマ・サラウンド・サウンドの分野へ進出したのは新しい革命でした。 それまでの映画館のスクリーン用サウンドシステムは一般的に2ウェイ・デザインで、ダブルの15インチ低域セクションと高域コンプレッション・ドライバーが装備された大型のホーンを組み合わせたものでした。この従来の2ウェイ・デザインでは、高域ホーンのサイズによりますが、多くのLow/Hiのクロスオーバーは500Hzから800Hzでした。2ウェイ設計では低域成分は申し分ないのですが、高域は今日の様々な映画に広範囲なダイナミックレンジを提供するのは難しかったのです。 高域を分割し、また単独の大型コンプレッション・ドライバーの代わりに、しっかりとしたミッドレンジドライバーと高域ドライバー使用することが顕著なソリューションとなったわけです。 世界的に有名なマーチンオーディオの独自の3ウェイテクノロジーを活かし、21世紀のシアター・サウンドに適応する様々なキャビネット・シリーズを提供いたします。Cinema Seriesは施工性も良く、簡単に調整でき、また優れた信頼性により、明瞭なダイアログ、迫力のある音楽及び並外れた音響性能をもたらし、理想的なパフォーマンスを実現します。

※Martin AudioシネマスピーカーはTHX認証を取得しています。
シネマシリーズの詳細はこちら