Jシリーズ

  • Jシリーズ

J-Seriesは大規模サウンド・リインフォースメント・アプリケーション用途を念頭に設計された製品で、どのような厳しい条件下でもきわめて迅速に、しかも容易にアレイ・ソリューションを提供します。 指向特性を制御しながらシステムの大きさと重量を最少に保つことに独特のこだわりを持ち、ラウドスピーカー、電子機器、設置用アクセサリー金具類、リモート・コントロール機能、運搬手段、アレイ性能を正確に計算するためのセットアップ・デザイン・ツールなどを統合化することで、d&bのアプローチを具現化し、例え音圧が最大レベルのときでも透き通った濁りのない自然で明瞭な音質という組み合わせを持っており、エンジニアがクリエイティブな仕事のために必要な効率的で簡単に使えるツールであるニュートラルなプラットフォームを提供します。

J-Seriesフライング・システムは、ラウドスピーカーを吊り下げるために必要なすべてのコンポーネントが統合され、グランド・スタックでもフライングでも素早く設置や組替えが行えるようにキャビネット内に収められています。 ドライバー・アセンブリーにはネオジム磁石を使用しているため1Box 60kgという軽量化を実現。J8およびJ12は音響的に調和し、機構的にも互換性があります。ArrayCalcカリキュレーターを使ってアレイの物理的、音響的性能を予測でき、システム・プランニングを容易にしかも正確に行うことができます。

J8とJ12は、2台の12インチ・ネオジム低周波数ドライバーを外側に対極配置することで水平方向に完全対称となっています。ホーン・ローデッド同軸中高域部はラウドスピーカーの中心部に取り付けられています。中域ホーンは10インチ・ドライバーを使用しているのに対し、高域は専用ウェーブ・シェーピング・デバイスに3インチ・ボイス・コイルの1.4インチ開口の高域コンプレッション・ドライバーを使用しています。

J-SUBは他の2種類のJ-Seriesラウドスピーカーを補完し、同じ幅の長さを共有し、互換性のあるフライング機構を装備しています。18インチ高偏位ドライバーを3台使用したバスレフレックス・デザインで、1台を後方に向けて放射することにより、フライングまたはグランド・スタックどちらの構成でも、カーディオイドまたはハイパーカーディオイド・サブウーファー機能を生成します。

J-INFRAは、J8、J12そしてJ-SUBキャビネットで構成されるJ-Seriesシステムの更なる補強用途で使用するカーディオイド・インフラ・サブウーファーで、J-Seriesシステムの周波数特性を27Hzまで拡張します。キャビネットはグランド・スタック専用で、一般的なL/R構成やサブウーファー・アレイを構成して使用できます。キャビネットには2つのバスレフレックス・チャンバーに3台の21インチ・ドライバーが含まれています。前方向きのチャンバーに2台と後方向きのチャンバーに1台取り付けられたドライバーは前後それぞれが独立したD12アンプのチャンネルで駆動されます。

全J-Seriesラウドスピーカーは、PCP(ポリウレタン・キャビネット保護)コーティングが施されて、屋外で使用する場合など変化の激しい使用環境下でキャビネットに与える悪影響を保護します。d&b D12アンプはJ-Seriesラウドスピーカーすべてに対応するラウドスピーカーのコントローラー設定を内蔵し、デジタル・シグナル・プロセッシングを採用して設計・製造し、さまざまな用途でのシステム特性を正確に調整するためにd&b全ラウドスピーカーの構成設定を組み込んでいます。すべてのアンプ・チャンネルは、ユーザー定義可能な4バンド・パラメトリック・イコライザー機能とディレイ機能を装備しているために、外部プロセッシング機器の必要性を最小限に抑え、ラウドスピーカー・システム要素の制御順列が向上しています。D12アンプはアナログとデジタル両信号入力およびリンク出力を備え、さらにd&b SenseDriveを組み込んでいます。

最後に、J-Series の優れたハイファイ性により、これまでの d&bの原理・原則の限界すべてを押し上げました。これによって、使用環境が単純な場合から最も複雑な状況に対しても完全に統合化されたリインフォースメント・ソリューションを提供できます。

J-SUB、J-INFRA

  • J-SUB
  • J-INFRA
モデルJ-SUBJ-INFRA
コンポーネント3 x 18"3 x 21"
最大音圧レベル (1m、無響音場)*1 D12/D80138/139 dB SPL141/144 dB SPL
定格電力 (RMS/ピーク 10 ms) 前方800/3200 W1200/4800 W
定格電力 (RMS/ピーク 10 ms) 後方400/1600 W600/2400 W
周波数特性 (-5 dB)32 Hz - 70*2/100 Hz27 Hz - 60/70*2 Hz
キャビネット/D12/D80(アクティブモード)1/21/2
   
寸法 mm (高さ x 幅 x 奥行)540 x 1100 x 945*3/1063685 x 1180 x 1040*3/1158
重量 kg106157
寸法 インチ (高さ x 幅 x 奥行)21.3 x 43.3 x 37.2*3/41.827.0 x 46.5 x 41.0*3/45.6
重量 ポンド234335
  • *1.最大SPLピーク, テスト信号: クレストファクター4のピンクノイズ
  • *2.INFRAモード
  • *3.キャスターを除いた寸法

J8、J12

  • J8、J12
モデルJ8J12
コンポーネント2 x 12"/1 x 10"/2 x 1.4"2 x 12"/1 x 10"/2 x 1.4"
最大音圧レベル (1 m、無響音場)*1 D12/D80145 dB SPL143 dB SPL
定格電力 LF (RMS/ピーク 10 ms)500/2000 W500/2000 W
定格電力 MHF (RMS/ピーク 10 ms)200/800 W200/800 W
周波数特性 (-5 dB)48/85*2 Hz - 17 kHz48/85*2 Hz - 17 kHz
指向特性 (水平)80°*3120°*3
スプレイアングル設定0 - 7° ( 1° ステップ)0 - 7° ( 1° ステップ)
キャビネット/D12/D80(アクティブモード)2/42/4
   
寸法 mm (高さ x 幅 x 奥行)360 x 1100 x 570360 x 1100 x 570
重量 kg6060
寸法 インチ (高さ x 幅 x 奥行)14.2 x 43.3 x 22.414.2 x 43.3 x 22.4
重量 ポンド132132
  • *1.最大SPLピーク, テスト信号: クレストファクター4のピンクノイズ
  • *2.Standard/CUT モード
  • *3.≥ 250 Hz